敷金、礼金、更新料はかかりますか?

マンスリーマンションでは敷金・礼金はかからない

一般的な賃貸マンションは2年契約となっており、敷金・礼金がかかります。敷金2か月分、礼金2か月分というのが相場になっています。マンスリーマンションの場合、短期契約となっており、敷金・礼金がかからないことがメリットです。また、家具や電化製品などの生活必需品一式がすでに備え付けられていることもメリットです。
敷金や礼金はかかりませんが、1ヵ月あたりの家賃が少し高めになっている傾向があるので、2年以上住む場合には一般的な賃貸マンションを選んだほうがメリットが出る可能性が高いです。逆に、短期で住みたい場合には初期費用を抑えることができるマンスリーマンションがおすすめです。途中で解約をする場合には違約金がかかることもあるので、契約内容はよく確認しておきましょう。

更新料はかかることがある

マンスリーマンションは1ヵ月単位で借りることができるマンションのことであり、基本的には翌月分の家賃を前払いです支払うようになっています。しかし、例えば3ヶ月の契約をする時に、3か月分の家賃を一括で前払いすることを要求され、途中で解約をした場合にも返金は受けられないような契約になっていることもあります。
更新料についても運営会社によってはかかってくることがあります。また、退去時にクリーニング代などがかかるシステムになっていることもあります。更新料、違約金の定め、解約の手続きなどについてはあらかじめしっかりと確認をしておきましょう。家賃が安いということだけで選ばずに、トータルコストで比較をすることが大切です。