保証人は必要ですか?

マンスリーマンションでは保証人の有無が分かれる

マンスリーマンションを借りる際には、賃料が基本的に前払いとなります。長期間一括で賃料を支払うほど、割安となることがよく知られているので、マンスリーマンションを利用する際には半年以上の長期利用をする人も少なくありません。保証人無しで借りられるマンスリーマンションならば、急いで入居する際にも手軽です。しかし、同じマンションに住む住人としては、保証人無しで審査も簡易的なマンスリーマンションでは、入居者同士のトラブル発生時が心配となるでしょう。保証人を用意することは面倒と感じる人も多いですが、水漏れ事故発生時の対応などは、保証人を立てている入居者ほど誠実な対応をしてもらいやすいので、入居者の質を考慮するなら敢えて保証人が必要なマンスリーマンションを選ぶと良いでしょう。

入居審査が簡易的な代わりに保証人で対応する

マンスリーマンションの入居時に行われる審査は、賃料前払いという理由から簡易的に行われる傾向があります。オーナーの立場からは、賃料さえしっかり支払ってもらえれば、基本的に文句を言う立場では無くなるでしょう。保証人を立てて対応出来れば、1ヶ月単位で入居出来るマンスリーマンションの入居審査に神経を尖らせる必要が無くなり、同じマンスリーマンションシステムを提供している会社が扱う物件ならば、仕事やライフスタイルに合わせて部屋の移動もしやすくなるでしょう。一度契約したら2年間は動きにくくなる賃貸契約とは異なり、マンスリーマンションは手軽に引っ越し出来るメリットがあります。中にはカバン1つで入居出来る家具家電付きも多いので、保証人を立てて更に入居審査に時間を掛けずに済む工夫がされています。

マンスリーマンションを中央線の沿線で探す場合、必需品の買い物ができる店舗が近隣にあるか、夜間に静かで眠りやすい環境であるかを考えて選ぶと、快適に日々を過ごせます。